新着情報

アルコールチェッカー+勤怠管理+検温「リリカ・クイックFAターミナル」<入荷次第発送・デモ機貸し出し可能>

アルコールチェッカー+勤怠管理+検温「リリカ・クイックFAターミナル」<入荷次第発送・デモ機貸し出し可能>


アルコールチェック+勤怠管理+検温が一度にできる!

【リリカ・クイックFAターミナルのご紹介】

アルコールチェッカー

【特徴①】表面温度検温機能

アルコールチェッカー

■被写体となる人物の顔を認識すると、自動的に瞬時に額位置の表面温度を測定します。

■非接触による温度測定のため、感染症対策に適しております。

【特徴②】勤怠管理機能

アルコールチェッカー

顔認証により温度測定と勤怠打刻を同時に記録

カメラの前に立つだけで日々の体温測定と顔認証による勤怠打刻を行うことができます。

■勤怠データの出力

履歴データはCSV形式で出力することができるので、簡単に給与計算を行うことができます。

【特徴③】アルコールチェック機能

呼気アルコール濃度の測定結果

■ターミナル本体と専用アルコール検知器をケーブルで接続することにより、呼気アルコール濃度の測定結果がターミナルに送信されます。

■保存された測定データは、EXCEL形式のデータとして出力することができます。(インターネット未接続でも使用可能)

アルコールチェック義務化について

アルコールチェック義務化

下記条件にあてはまる企業・事業所は、改正道路交通法施行規則により、運転の飲酒チェックが義務化されました。


・自動車を5台以上保有
・11人以上の運転者がおり、1台以上の自動車を保有


令和4年4月1日施行
★運転前後の運転者の状態を目視等で確認することにより、運転者の酒気及び有無を確認すること
★酒気帯びの有無について記録し、記録を1年間保存すること
令和4年10月1日施行
★運転者の酒気帯びの有無の確認を、アルコール検知器を用いて行うこと
★アルコール検知器を常時有効に保持すること


アルコールチェッカーを用いたチェック及び記録の保管が義務化されます。

飲酒チェックが不要な企業様でも置くだけ+安価に勤怠管理の導入が可能です。


<発売日について>

 入荷次第の発送予定となります。※デモ機貸出可能

<仕様書・取扱説明書>

https://pro.relica.jp/product/quick-fa-terminal-rl077d

<関連リンク>

株式会社SREE

https://pro.relica.jp/

警察庁資料

https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/insyu/img/ankanleaflet.pdf

https://www.npa.go.jp/laws/notification/tuutatuanzenuntenkanri.pdf


アルコールチェック+勤怠管理+検温「リリカ・クイックFAターミナル」

カタログダウンロード・デモ機貸し出しやご相談など、

お問い合わせは下記フォームよりお願い致します。


お問い合わせ

お電話・メールにて
お気軽にお問い合わせください。

03(3409)2131 お問い合わせ

採用情報

「シリコーンを世に広めたい」
そんな志を同じくする仲間を募集しています。

採用情報はこちら
Page top