シリコーンについて

シリコーンができるまで

01How to make silicone

シリコーンができるまで

シリコーンの主原料は、天然に存在する「ケイ石」
ケイ石に含まれるケイ素(Si)と有機化合物を組み合わせることで、
「シリコーン」が出来上がります。

ケイ石に含まれるケイ素(Si)と有機化合物を組み合わせることで、シリコーンが出来上がる様子。 ケイ石に含まれるケイ素(Si)と有機化合物を組み合わせることで、シリコーンが出来上がる様子。 ケイ石に含まれるケイ素(Si)と有機化合物を組み合わせることで、シリコーンが出来上がる様子。

ケイ石(珪石)は、ケイ素(Si)と酸素(O)で構成されるため二酸化ケイ素と呼ばれています。
ケイ石の他にも、圧力・温度などの条件により、石英・水晶・シリカ鉱物など多様な結晶が存在します。

天然に存在する二酸化ケイ素(SiO2
Silicon dioxide

天然に存在する二酸化ケイ素の写真
地殻を構成する元素(質量%)

シリコーンは、純度の高いケイ石を主原料に作られます。
これら二酸化ケイ素に含まれているケイ素(Si)は、地球の表層を構成する
成分として酸素の次に多く、地殻に豊富に存在しています。

シリコーンができるまでを詳しく見ていきましょう。
まず、天然のケイ石を電気炉で還元し、ケイ素(Si)を取り出します。そして、そのケイ素(Si)と塩化メチルを反応させ、シラン化合物を作ります。そこから、蒸留塔で5つのシランを精製します。

シランが出来上がるまでの図 シランが出来上がるまでの図 シランが出来上がるまでの図

合成・反応を経て誕生したシラン。これらを加水分解し、シロキサン類を合成します。
「シロキサン」とはケイ素(Si)と酸素(O)が交互に結合した分子の集合:重合体(Si-O-Si)で、シリコーンの主骨格となります。
この工程を経て最初は、「オイル」「生ゴム」「レジン」という形態でシリコーンが誕生します。
これらは100%シロキサン化合物です。
それらの分子(ポリマー)に架橋剤や触媒、さらには充填剤などを添加して、ゴムコンパウンド・液状ゴム・ゲルなどの「硬化性組成物」、ゴムパウダー・レジンパウダーなどのパウダー製品へ、シリコーンは多様な製品に形を変えていきます。

シリコーン製品の材料として、オイル、生ゴム※、レジンができます! シリコーン製品の材料として、オイル、生ゴム※、レジンができます! シリコーン製品の材料として、オイル、生ゴム※、レジンができます!

お問い合わせ

お電話・メールにて
お気軽にお問い合わせください。

03(3409)2131 お問い合わせ

採用情報

「シリコーンを世に広めたい」
そんな志を同じくする仲間を募集しています。

採用情報はこちら
Page top