新着情報

試作・少量加工も可能!放熱用シリコーンの加工方法

試作・少量加工も可能!放熱用シリコーンの加工方法


電子機器部品の設計や生産時の“熱対策“になくてはならない放熱用シリコーンですが、

「規格に見合うサイズがない」「試してみたいけど初回は1枚~欲しい」

とのお声はありませんか?

当社ではそんなご要望に合わせ、シート・パッド・テープのサイズ加工のご提案も可能です。
以下、3つの加工方法をご紹介します。


① スーパーカッター

金型を使用せず、一枚刃を使用してプレス加工する工法です。

メリット・最大600m幅まで対応でき、大型のサイズ加工も可能
・金型イニシャルが不要な為、安価なご提案が可能
・比較的加工スピードが速く、短納期でのご提案が可能
デメリット・ローラーで材料を送る必要があり、精度の面は金型に劣る
・丸穴等の加工は対応不可

原反のシートを
マシンにセット

放熱用シリコーン【加工工法①】スーパーカッター

マシン上でサイズや
カットスピード等を設定

放熱用シリコーン【加工工法①】スーパーカッター

上部から刃を押し当ててカット(プレスカット)

放熱用シリコーン【加工工法①】スーパーカッター

余分な残材を除きカットして、カット品の完成

放熱用シリコーン【加工工法①】スーパーカッター

※今回の画像ではダイス状の加工を行っております

② PAL500

金型(ピナクル型®・トムソン型)を用いて加工する工法です。

メリット・寸法公差が安定する為、精度の高い加工が可能
・加工スピードが速い為、短納期でのご提案が可能
・比較的まとまった数量での加工に適している
デメリット・初回は金型を作成するため、金型代と作成時間が必要

原反のシートを
マシンテーブルにセット

放熱用シリコーン【加工工法②】PAL500

コンベア状のマシンに
送り込まれプレスカット

放熱用シリコーン【加工工法②】PAL500

カットされたシートが初期位置にスライドし戻る

放熱用シリコーン【加工工法②】PAL500

カット品の完成
    

放熱用シリコーン【加工工法②】PAL500

※画像では長方形サイズの加工を行っております

③プロッター

データをCADで入力し、高精度センサーを用いて加工する工法です。

メリット・金型が不要な為、短納期でのご提案が可能
・1200mm × 1500mmと大型のサイズ加工も可能
デメリット・穴あけ加工は金型と比較するとガタツキが発生しやすい
・比較的少ない数量に適しており、数量が多い場合は時間がかかる

原反のシートをマシンにセット
    

放熱用シリコーン【加工工法③】プロッター

マシンのテーブル上でシートが
動かないようテープ等で固定

放熱用シリコーン【加工工法③】プロッター

事前に設定をしたサイズを
センサーが感知、カットを行い完成

放熱用シリコーン【加工工法③】プロッター

過去に加工実績のある信越シリコーン「放熱用シリコーン加工品」公差表もご用意しております。

サイズや数量によって各種設備を揃えておりますので、お気軽にご相談ください。

関連リンク

信越シリコーン:https://www.silicone.jp/
放熱用シリコーンの選定方法:https://nissili.co.jp/all/pickup/pu-silicone/3418/

お問い合わせ

お電話・メールにて
お気軽にお問い合わせください。

03(3409)2131 お問い合わせ

採用情報

「シリコーンを世に広めたい」
そんな志を同じくする仲間を募集しています。

採用情報はこちら